読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポリティカル・ポエティカル

俺はボリビアには行ったことがない
もちろんリビアにも行ったことはない
アメリカには貸しがある
リベリアには夢がある
ソビエトには幻滅したが
かといってNATOとやり合うつもりもない
国連の基金は底を尽き
ア○ネスみたいな輩が賭博の為に金を使う

1日目に、いなないた犬がいた
2日目に、ふつつか者の嫁がいた
3日目には、みっかっちゃった下手なスパイがいて
4日目には、妖怪たちが大騒ぎ
5日目に、いつか会ったことのあったような美女と道ですれ違う
6日目には、寒いか寒いかと真夏の45°Cなのに錯乱し
7日目に、これは罠なのかとわなないて
8日目に、ようやく万事が落ち着いて、全て丸く収まった

こうして国家が誕生したのだった

恋の不意打ちをくらった
頭がクラクラした
無政府主義クラゲになった気分
腕が一本足りない
大国は小国に恋をし
小国は大国のヒモになる
悪意は良心を駆逐し
千葉県産のクスリが広く流通したおかげなのか
恋人たちは日々ペルシャ絨毯の上で戯れ
あくせく働くことを知らず
労組には加わらなかったが
反戦デモ行進には参加し
右か左かと問われたら
あさっての北北西を指差して
プラカードには
f○ck ni○○er! と
間違えてJJJの集会に
紛れ込んでしまったのだ
東と西の対立などさにあらず
一票の権利などどこ吹く風の
すっとんきょうな顔のイタチのよう
外交は騙すか騙されるかのピンボールゲーム
バスケット外交は時に失敗し
夕日はあらぬ方向に沈んだが
弾頭は相も変わらず一方向を向いて睨み合ったままだ
カタツムリ戦争は未だ終わらず
議会での口論とヤジはやまず
金融街には今日も灰色の先の尖った針のようなコウモリ傘の雨が降り注ぎ
指導者たちはやがてサジを投げてテーブルに両肘をついた
官僚たちはまだ生真面目なコマネズミのように働いている
労働者たちは家路につき
学生たちはたまっているレポートは翌週に回して夜の街に繰り出したのであった

もう革命家はやっては来ない
あの有能な実務家は演説の原稿をめくらない
戦争の季節は近付いた!
嵐の前の静けさだ
プロパガンダとアンチテーゼとシュプレヒコールはごっちゃにされ
声明文は定時より早目に読まれた しかも恐ろしいほどの早口で
そうして壁は崩壊した!
もはや守ってくれるべき政府などない
年金も今月で打ち止めだ
公社は終わり 校舎は足りず
モロトフはもろに豆腐を食べ過ぎた為に引退し
ルーズベルトはパンツの腰まわりが緩んだ為に先立たれた
エイブラハムは脂肪肉を食したが故に凶弾に倒れたのだ
もうあの名演説を聴くことは出来ないのか!
貧民の 県民の 不可触民のための政治!
あなたが国家に何かをするかよりも あなたが国家から何かしてもらうかなのだ!
でももう誰も何もしてはくれない
コッカースパニエルとニワトリとが
コッカー コッカーと雄叫びを上げた

政治の季節は終わった
紙吹雪だけが虚しく舞った…

…チクショウ 清掃が大変じゃないか!

今んとこ無題

ドライブスルーでスルーされた
彼女の瞳は還っては来ない
火傷をしたのは
女遊びをしすぎたせいで
猫背なのは
欲望が強すぎたせいで
地面が斜めってるのは
言葉使いが悪くなったせいで
全部お前のせいで
人のせいにしたのも
お土産にありつけなかったせいで
人生をタタカイながら
悠長にプリッツなどを食べる
ほら そこの奴が
そっと夜景を見ている
レンブラントが有名なのは当たり前
ピカソが禿げているのは必然
エラスムスが偉そうなのは全部承知
フランシス・ベーコンが左利きなのは生まれる前から決まっていたこと
それだというのに君は…

摩天楼は緑色
アッハー この世は負け犬ばかり
ウッフーン 来世だって
薔薇色とは限らない
何が足りないのか?
何が供給過多なのか?
株価は右肩下がりなのか?
宇宙の神秘は誰にも
解明できない
ああそうか それで無理無理納得
よっし 明日は花火大会
おっす オラオランジジュース
クジラは多分還っては来ない
やがてこの身体ですべて体現する

今日は仏滅なんだ
なんか相槌
この詩ごと全部
スルーされた
気分

延長14回のウラ ノーアウト満塁

ヴィジターのくせに振り逃げして
ヴィクターはあの娘の噂ばかりして
住所不定無職 の 住職
受賞経験 豊富な 重症患者
重篤人間の 住宅ローン
猿獲る サルトル
えいこらしょっと エンゲルス
ベチネア映画祭 グランプリ受賞
バカデミー賞は知らんぷり
フェ○チオ 上手の
参加したマラソン大会で
給水所で取ったスポーツドリンクが酸化
すっぱいスパイの
亡命生活が結構おおらか
大判振る舞いの
大阪の商人
グッバイ グッデイ グッドバイ
すっとこどっこい
わっしょい ノコッタノコッタ
のび太くんが脳活性化
酸素供給過多で右肩下がり
年8%成長の好調経済は
年利20.5%の利息であまりにも不経済
浪費家がこれ以上ないという節制で立ち上がり
倹約家が株の大暴落でへたり込む
もうジャガイモの収穫の季節だが
今年は2kgもとれず
トイレに入ったが替えのペーパーに手が届かず
埒があかず
2cmの物差しは
0.3mmの尺取虫の影を追えず
嗚咽止まらず
たまらず吐き気をもよおし
密室の秘密は寸分も漏らさず
天網恢々疎にして漏らさず
天地逆転して
自転軸ずれ
ヅラがズレて
ブラの線を直し
ホックが取れたのだが替えが見つからず
ホッホホーとフクロウは鳴き
今はもう社会の窓とは言わず理科の窓とももちろん言わず
理科室の窓は硫化水素の為開放し
図書室には突然の乱入者で
ショットガンで頭蓋骨砕かれ
夢は散り
愛は去り
憎しみは足らず
悲しみは瞳の中
親身になって相談に乗り
ハーレーに乗って敵蹴散らし
調子に乗って屁ぶっこく
仏教寺院は今朝も霧の中
テンプルにはメイプルリーフが生い茂り
野蛮な行為はメイプルソープによって撮影される
まっ昼間のメロドラマは
唇の先でトロけさせられる
あぁなんて快感!
と思ったらとんだ感違い
畑違いの団地住まいは
御門違いで
場違いのスタバデビュー
うんとこどっこいしょと
キッドが欠伸して
今夜もタムロって
悪口を言い合い 罵り合う
したたかな出演者
知ったかぶりの
ニュースキャスター
今日もまた残忍なニュースで
残念な顔してギャラを獲得
Oh my!
やっとここまでたどり着いたか
ザマアミロのコンチクショウ
あん畜生の来世は聖人
大人になって
そうして腕組みして
達観して
悟りに達して
デジタルハイヴィジョンの
カラフルな曼荼羅の色仏
やっぱりそうかホトケになって
孤独死して6日後に遺体見つかる

あまりにも寂しすぎる
そうしてみんな途方にくれる

あ 1点入っちゃった
はい試合終了。

ウンコの唄

ある朝目覚めると
空からウンコが降っていました
今日の天気 曇りのちウンコ
ウンコ確率80%
人々は傘をさし
ウンコをよけながら
駅まで急ぐのでした
降って沸いたようなウンコ
割って入ったかのようなウンコ
ウンコどこへ行く?
ウンコは今日も正義のため
世のため人のため
あちこちを駆けずり回ります
汚物を撒き散らかしながら
ウンコだけに
天は汚物をあたえず
ウンは我に味方せず
ウンウンあんたはやっぱり正しいですよ
雲海のごとく
この世は運次第
出来る人と出来ない人とは
雲泥の差
うん そうですか
       そうなんですね
運気はイマイチ回復しません
雲南省までわざわざ行って
運気を高めようとしたのですが
雲梯をながめただけでした
珍しい石を手に取って
後でそれがヤギの乾いたウンコだと知ったのでした
もう運の尽き
ウンともスンとも言わないのです
その隙すらないのです
全く嫌気がさして
日本に帰ると
またウンコの雨
今度は豪雨
せっかく傘を差しても
ウンコは全く容赦してくれないのです
まあ所詮この世はウン次第
ある所にはあるウン千万
ウンチクを並べたって
金にはならないのでした
ウン そうだね
妙に納得して
今日もウンコの雨あられにまみれるのでしたとさ

負け犬の遠吠え

ハイソな敗走
はい、そーですか?
無惨な負け方
あー、そだろうね
オイラはやっぱり
負け犬なのさ
狼は 人間に飼い馴らされて
犬になったという
しかし負け犬という言葉はあるが
負けオオカミという言葉はない
尻尾を振って 舌を出して
愛想良くしたところが
下り坂の始まりなのさ
オイラは今日も舌を出し
口を開けて息を切らし
ヨロヨロになり足をもつれさせながら
上り坂を登っていく
ガムなんか噛んでる余裕はないぜ
てっぺんに登ってみて初めて
この世界の小ささを思い知る
へへんだ
小さいのはオイラだけじゃないんだ
けど胸を張って 堂々と
前を向いて歩いているのは
いったい何%の人間だろうか?
そういう奴に限って
金かコネ頼りだ
子猫のようにオイラは
ウロウロと途方もなく歩き回り
あてどもなく人生に行き詰まる
敗走かい?
ああそうかい?
恥ずかしいかい?
惨めかい?
ああそうですよ
敗残の兵を集めて
また決起する余力もない
ウントコドッコイ
疲れ果て 座り果てて
無惨に朽ち果てる
残るは屍 骨と皮のみ
三途の川ももうすぐだ
オイラはやっぱし
ただ途方にくれる