読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウンコの唄

ある朝目覚めると
空からウンコが降っていました
今日の天気 曇りのちウンコ
ウンコ確率80%
人々は傘をさし
ウンコをよけながら
駅まで急ぐのでした
降って沸いたようなウンコ
割って入ったかのようなウンコ
ウンコどこへ行く?
ウンコは今日も正義のため
世のため人のため
あちこちを駆けずり回ります
汚物を撒き散らかしながら
ウンコだけに
天は汚物をあたえず
ウンは我に味方せず
ウンウンあんたはやっぱり正しいですよ
雲海のごとく
この世は運次第
出来る人と出来ない人とは
雲泥の差
うん そうですか
       そうなんですね
運気はイマイチ回復しません
雲南省までわざわざ行って
運気を高めようとしたのですが
雲梯をながめただけでした
珍しい石を手に取って
後でそれがヤギの乾いたウンコだと知ったのでした
もう運の尽き
ウンともスンとも言わないのです
その隙すらないのです
全く嫌気がさして
日本に帰ると
またウンコの雨
今度は豪雨
せっかく傘を差しても
ウンコは全く容赦してくれないのです
まあ所詮この世はウン次第
ある所にはあるウン千万
ウンチクを並べたって
金にはならないのでした
ウン そうだね
妙に納得して
今日もウンコの雨あられにまみれるのでしたとさ